「たばこや薬物乱用の害」について勉強しました

 2月13日,福山大学髙山健人先生が来られて,たばこや薬物乱用の害について話をしてくださいました。これらのものは,なぜ体に悪いのかをくわしく教えてくださいました。また、たばこや薬物のきっかけは,好奇心が多く,人から誘われて始めることが多いそうです。そんな時,きっぱり断るために,「正しい知識」と「自律心」がとても大切であるとおっしゃっていました。子どもたちは,真剣に聞きタブレットにメモしていました。

今日,保健で大学の先生に「たばこ・薬物乱用の害」について教えてもらいました。たばこや大麻,覚せい剤などの薬物は,一度使うとやめられなくなることや,たばこは吸う人より周りにいる人の方が害を受けることなど,いろいろなことを教えてくださいました。学んだことをよく覚えておきたいです。(児童の日記より)

今日は,薬学部の方に薬物乱用の害について教えていただきました。たばこや薬物,大麻だどの危険性など詳しく学べました。改めて,「たばこなどはやらないようにしよう」と思いました。今日「自律」という言葉も教えてもらい,大切さを感じました。今日学んだことをこれからに生かしていきたいです。(児童の日記より)