避難訓練 ~火災対応~

11月28日に「家庭科室から火災発生」を想定した避難訓練をしました。

校舎内に鳴り響くサイレンの音を聞いてあわてて避難するのではなく,「どこから火災が発生しているのか,放送をよく聞き避難することが大切」ということを子どもたちは事前の学習で学んでいましたので,放送をよく聞き,安全な経路を通って避難(訓練)することができました。

安全に避難(訓練)したあとは,福山西消防署の方から火災予防についての講話をしていただきました。その中で消火器の扱い方を知り,代表の児童が訓練用の消火器を実際に使ってみました。

「火事だ――――。」と大きな声を出して消火(訓練)しています。