避難訓練~地震災害対応~ 

  11月8日に,「大規模な地震が発生したことにより,津波と運動場南側の山で土砂崩れが発生した」という想定での避難訓練を実施しました。

 訓練では,まず,自分の命を守るために必要な安全行動「1-2-3」をとりました。

 安全行動1:姿勢を低くして (しゃがむ)

 安全行動2:体や頭を守って (かくれる)

 安全行動3:揺れが収まるまでじっとする (まつ)

 

 次は,揺れが収まった想定で,安全な場所に避難します。校内放送をよく聞いて,頭を守りながら運動場に向かって校舎から出ます。訓練ですが,みんな自分の身を守ろうと真剣です。

 運動場では,掲揚台に向かって静かに整列しました。

 児童・教職員が全員無事に避難したことを確認することができました。

 そして,各教室に戻り「広島県『みんなで減災』県民総ぐるみ運動 ひろしま防災ハンドブック 地震・津波から命を守るため」を用いて地震防災対策を学びました。