リーデンローズ音楽宅配便

 5月31日

 ピアニスト野瀬百合子さんによるリーデンローズ音楽宅配便がありました。

 

 バッハ作曲「主よ人の望みの喜びよ」の演奏で始まり,音楽の歴史について教えていただきました。

 ピアノの全身は「チェンバロ」だそうです。

 強弱をつけて演奏することができない「チェンバロ」から強弱をつけることができるものが出てきた,それがピアノだそうです。

 その名前は「クラビチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」

 名前がとても長いので,その名前の一部をとって「ピアノ」と呼ぶようになったそうです。

 野瀬さんは,それぞれの時代で活躍した音楽家の曲を演奏してくださいました。

 モーツァルト作曲「トルコ行進曲」

 ベートーヴェン作曲「月光」

 ショパン作曲「英雄ポロネーズ」

 ドビュッシー作曲「月の光」

  

 子ども達は,演奏を聞きながらイメージを広げています。

 野瀬さんが

「『~が〇〇のように・・・した』の一文で聴いた曲を言葉で表し

 てみよう。」

と子ども達に投げかけられると,次々に手を挙げてイメージしたことを発表していました。素敵な音楽に触れることができた時間でした。